おはようございます。こんにちは。こんばんは。

チャーハンはパラパラよりしっとり派。パラパラ推進派のチャーハン業界に一石を投じたい田中です。
今回は想像以上の大作となってしまった為、前後編でお送り致します。

第九話 【前編】 ※あくまでも個人の感想です。

――――――――――――――――――――――――――――――
ある日、普段は長野店勤務の私ですが久しぶりに本社を訪れた時の一幕…
営業本部N課長に呼び止められました。
「最近田中さんに変な味の食べ物あげたくて探してるんだけど中々無いんだよね~」
その場にいた不動産部Sさんも、
「ついコンビニに行くと田中君にあげるもの探しちゃうんですよね。」とお言葉を頂きました。
私のブログのせいで「変な味の食べ物業界の動向」に詳しくなっていくお二人がとても心配です。
そんな会話をした数日後、Sさんよりこんなものを頂きました。
DSC_0016

なるほど、そうきたか。
何故大作となってしまったのか、こちらをご覧ください。
DSC_0018

子供向けの知育菓子なのに手順が多すぎる。
手間がかかりすぎて私はこれを作るが為にお昼休みの半分を費やしました。これは痛い。
子供向けのお菓子を会社の給湯室で必死こいて作っている姿をバシャバシャ先輩方に撮られました。
しかも指さされて笑われました。これは痛い(心が)
別の方のブログでその模様がさらされるかもしれないと思うと恐ろしい。

DSC_0017

粉が多すぎる。マヨネーズもソースも生地もタコまでも全て粉。
粉物とは良くいったものです。粉物というか粉です。

今回は紹介だけで終わります。紹介だけでこのボリュームなので書いている私がおなかいっぱいです。
後編は作成過程と完成品、味の感想となります。お楽しみに。